過去問は何年分抑えるべきか?

 昨日、東京電気技術教育センターの電力のYoutubeの動画講座について平成16年からの約10問を勉強してノートを作った。 
 電力については勉強する過去問を平成23年からの6年分にして、これを徹底的に勉強する。
 理論については、平成18年からの11年分。
 過去問は何年分を抑えるべきか? 科目ごとに違うだろう。結構大事な問題だと思う。


[PR]

# by hfmpk117 | 2017-06-25 20:53 | 電験三種 | Comments(2)  

深夜食堂

 今日(6月21日)は、休日。昨日借りてきた「深夜食堂第四部」のDVD全三巻を観る。「白菜と豚バラの一人鍋」の回で、ラブホテルの清掃婦の役を宮下順子が演じていることに途中で気がついて、驚いた。日活ロマンポルノを支えたこの女優ももう六十八歳で、すっかりお婆さんになってしまった。この女優を最初に映画館で観たのは、16歳の時、「嗚呼!花の応援団」だった。その後、成人して名画座等で出演作を何本か観たが、この女優さんはあまり好きにはなれなかった。
 「深夜食堂」の常連の一人の忠さんを演じているのが不破万作で、この人は「マルサの女2」でチビ政を演じていて、この人もすっかり顔立ちが変わってずっと気がつかなかった。「マルサの女2」では、映画の終盤口封じのために射殺されるのだが、倒れて涙を零しながら死んでいく表情が良かった。
 「深夜食堂」の3巻目には、「お茶漬けシスターズ女子会」の特典映像が収録されていて、その内の一人が小林薫から「いつまでも高円寺に居ちゃだめだぞ」と言われて、引っ越したエピソードを語っていて、爆笑してしまった。私は延べで言えば、三十年以上、高円寺とその周辺で暮らしているのである。
 勉強は、電力。18年と19年の計算問題。記述式の問題はけっこう憶えていたが、計算問題は公式すら頭から消えていた。自分はつくづく文科系なのだと思う。計算問題のほとんどない建築物環境衛生管理技術者なんて半年の勉強で余裕で合格したもんね。
 本試験まであと二ヶ月半。
 

[PR]

# by hfmpk117 | 2017-06-21 20:58 | 近況 | Comments(0)  

昨日と今日の事

 昨日6月17日は仕事。帰りに、東中野駅近くの立飲み屋「さわや」に寄る。この店のママさんはアラフィフの美人という評判の人で、私が入る前から店で飲んでいたカップルの女の方が、「ママは美人だ、美人だ」と言っていた。確かに評判通りの美人です。元々はお惣菜屋さんだそうで、私は酒目当てでございますという顔で、ママをチラ見しておりました。特に背中の美しい方でした。「どちらからおいでですか」と聞かれたのには驚いた。初めて入った店で話かけられることはあまりないのです。酒のあてはお惣菜屋さんらしく、うの花、しゅうまい、フライなど安くて美味しかったです。私よりも後から来た客は、焼鮭弁当のご飯抜きで呑んでおりました。ところで、東中野ギンザ通りはなかなか雰囲気のある商店街でした。生ビール、ハイボールと飲みながら、昔の路地は雰囲気があったな、と考えていました。「さわや」は雑誌などによく取り上げられる店で、ママの写真はすぐに見つかりました。実物はもっと美人です。
 今日から電力は過去問をやることにした。そのほうが講座を聞くよりも、頭に入りそうです。今日は平成18年の1問目から5問目まで。理論は平成23年のA問題。
 どろんこさんのコメントや最近の色々な人のブログの記事を読んで、わたしも含めて
みんな大変なんだなと思う。収入の問題もそうだけれど、職場の人間関係や家庭の問題。私は運が良かったんだなと、心から思う。
「追記」
 Youtubeで凄い動画を見つけました。前進チャンネルという、中核派の新聞「前進」の宣伝動画です。一見をお勧めします。あの逮捕された老人が大坂正明だと中核派自らが認めています。


More
[PR]

# by hfmpk117 | 2017-06-18 19:37 | 近況 | Comments(1)  

映画「女体」と18年の重さ

 田村泰次郎の「肉体の門」は何度か上映されていて、鈴木清純監督が1964年に日活で野川由美子主演で撮った作品が一番有名である。同じ年に東宝で恩馳日出夫監督が田村の「埴輪の女」という小説と「肉体の門」をベースに「女体」という題名で映画化している。
 映画「女体」はデパートの屋上で遊ぶ子供たちの歓声から始まる。元娼婦で今は洋装店の主人の女房になっているボルネオ・マヤ(団令子)は娼婦仲間の「せん」と偶然再会する。今の東京とあまり変わらない東京の風景が広がる。違うのは東京の街を都電が走っているくらい。二人は「東京も変わったわね」「あれから18年経っているのだもの」と話しあう。鈴木清純の作品では、MPに射殺された伊吹新太郎(宍戸錠)が、「女体」では戦後やくざになってマヤの前に現れる。詳しい説明は省くが、自分を「女」にしてくれた伊吹よりも、ささやかな安定した暮らしを選んで夫のもとに戻っていく。
 焼け跡から18年で東京は立派な都会に戻った。20年前オウム事件と神戸の震災があってから東京はほとんど変わっていないなとぼんやり考えながら映画を観ていた。オウム事件からしばらくして、私は警備員を辞めて今の会社に入った。その頃家族と別居し、一人暮らしを始めた。
 作中、本物の牛を屠殺するシーンがあって批判され、恩地監督は三年間映画を撮れなかったという。
 
 

[PR]

# by hfmpk117 | 2017-06-11 20:16 | 映画 | Comments(2)  

勉強の進み具合

 電力はたった今、DVD講座の1枚目が終わる。折り返し点である。ちょっとスピードを上げることにしよう。
 過去問は二周目で、平成20年をやっている。その他に実教出版の教科書「電子回路」を丁寧に読んでいる。
 あと3か月である。

[PR]

# by hfmpk117 | 2017-06-02 08:04 | 電験三種 | Comments(2)