電力の勉強を始める

 五月六日にラピュタ阿佐ヶ谷で「潮騒」を観る。三島由紀夫の同名の小説の映画化でこちらは未読。映画の主人公の名前が久保信治といい、若々しい久保明が演じている。この久保信治という名前が頭にひっかかっていたが、昨日通勤途中に久保信二という俳優がいたことを思い出した。この人は山本晋也監督の未亡人下宿シリーズなどに主演していた人です。
 昨日平成24年の問16を解いていて、この問題はΔーY結線の上、Δ結線の三相電源が極座標表示、Y結線の三相負荷が複素数表示でわけがわからなくなった。結局、ネットの実教の問題解説を読んで理解できた。それから、「過去問題集」の解説を読み直す。三相電源をΔからYに変換した場合、電圧の大きさは1/√3になると共に位相はπ/6遅れることや極座標表示の場合、A<θ/B<β=A/B(θーβ)になることの復習ができて、これは自作のノートを開いて復習した。実教の解説では、(b)→(a)の順で解いていて、(a)→(b)で解こうとすると、Δの電源をYに変換し、次にΔーΔで負荷を三倍にするのが手っ取り早いのかなどと考える。実教の解説では、ΔーΔに変換し、相電流を求め、それから線電流=相電流ー相電流<-π/6で求めている。
また、こんがらかるからあとでゆっくり考えよう。
 久保信二のことといい、この問題の解説を理解できたことといい、まあまだ呆けてはいないようだと、妙な安心をする。
 今朝から電力の勉強。手始めに不動弘幸先生のDVD講座の復習から。こちらは完璧なノートを作っているから、あまり時間はかからないだろう。この科目受かったときは、解けた過去問だけ繰り返し、理解できなかった問題はすっ飛ばした。これでこの試験がなんとかなると思っていた。

[PR]

by hfmpk117 | 2017-05-09 08:57 | 電験三種 | Comments(2)  

Commented by 匿名 at 2017-05-09 11:27 x
繰り返し繰り返し、嫌というほど繰り返してやらないと本番ではYー▲、▲ーY結線問題はイージーミスしちゃいます。
確か去年も出てましたよね?私は夢で魘されるほど嫌というほど何度も何度も繰り返したのに本番で間違いました。試験後、会場の自習室で解いて、何でこんなミスを・・・愕然としました。
やはり本番は絶対に合格するんだという極度のプレッシャーと独特の緊張感でなかなか冷静さを保てませんね。
理論、電力取れると次の年は午後からの受験になるので、かなり楽になりますね。
Commented by hfmpk117 at 2017-05-11 09:19
コメントありがとうございます。
テキストで勉強したことでも実際に問題の形で問われるとまごつくばかりです。電力の勉強も再開し、ノートをざっと見直したところ配電の部分がネックになりそうです。あと4ヶ月弱です。お互いに頑張りましょう。

<< 「血を吸う人形」 映画「めし」を観て来ました >>