白内障の手術を受けてきました

 7月3日から5日までの二泊三日で白内障の手術を受けてきました。手術は片目ずつ、二日がかりでうけましたが、手術の時間そのものは二、三十分程度で終わりました。一日目の晩に往生したのは、消灯が9時で全く寝付かれず、その上夜中に手術した眼が痛みだしたこと。昨晩は睡眠薬と痛み止めをもらい、おかげでぐっすり眠ることができました。
 手術を受けた病院で事前に「どのくらいの視力に調整しますか?」と訊かれ、「眼鏡なしで日常生活を送れる位の視力にしてください」と答えました。視力は0.7位になり、明日からは手探りで眼鏡を探すことから一日が始まるということもなくなります。ただ、老眼は良くならず、改めて老眼鏡を作ることになります。
 費用は雑費(保護メガネ代など)を含め、約10万円。ただ、加入している医療保険で賄えますので、気分はただでレーシック手術を受けたようなものです。
 勉強の方は電験合格の電力を終え、明日から過去問の勉強に入ります。「電験三種過去問題集」を使い、十年分の過去問を徹底的にマスターするつもりです。

[追記]
 病院に寝泊まりするのは久しぶりで、うとうとしながらこんなことを考えた。
 臨月の妊婦さんがどんな赤ちゃんが欲しいですかときかれて、「五体満足な子ならそれで充分です」と答えたら、「障害のある子を持つ親に対する配慮が足りない」と責められるような世の中に、将来の日本はなるんじゃないかと。
 昨日の電験寺さんのツィッターを読んでこれは杞憂ではない、さらに言葉狩りは思想狩りなのだと改めて思った。

[PR]

by hfmpk117 | 2018-07-05 20:44 | 近況・断酒 | Comments(1)  

Commented by 彷徨うセールスマン at 2018-07-15 23:21 x
何はともあれ手術のほう無事にすんだようでよかったですね。すごく暑くなってきました。体調に気お付けていきましょう!

<< 電力の計算問題 この歳になると >>